高品質アルミ製アンブレラホルダー、届きました。
いやはや、以前のアンブレラホルダーと違い、アクセサリーシューを外しても穴がない。
正確には、ポンチで叩いたようにへこみがあるだけ。

以前の物は穴が開いていましたっけ?
結局ドリルを買ってネジ穴を作らないと自由雲台が付けられそうにない。
挙句に、長ねじを苦労して切ったのに、もしかしたら長く切りすぎてサイズが合わないかも・・・

ドリル以外に金鋸に代わるカッターがないと作業が大変そう。

光軸がアンブレラの芯に向かなくても、まぁ良いかと思ってしまいました。

以前のアンブレラホルダーとの違いは、材質・・・
本体に少しざらつきが・・・
もし、これが某社ブランドでこのまま出ているとしたら、少々仕上がりが荒いか・・・
軽量化の為か、本体下部の大小メスねじ付きのダボが「アルミか?」と思うほど軽い(笑)

今夜にも再び検証してみます。

新藤さんのお話だと、以前の物は穴が開いていたそうです・・・