結局のところ、ソフトバンクも本体価格を他社に合わせて価格の引き下げがありました。
10万円を切ったという事になりますが、何故ソフトバンクにこだわるかって言うと、電話でも使用する関係とSIMフリー機に無い安心感、そして月々のランニングコストを考えたからでした。
月月割の適用で、コストが下げられるのが懐に優しいと・・・

また、現在使用中のiPhone5Sは下取り・買い取りをソフマップを考えていたのですが、買い替え・機種変更のキャンペーン時の価格が35,000円に対して、下記サイトだともう少し良いような予感が・・・

10秒でわかる!携帯電話高価買取 ゲオのSmarket