先日、東京ミッドタウンの「FUJIFILM SQUARE」で行われている「昭和の風貌(かお)」展~時代を作ったヒーローたち~を見てきました。

うーん、やはりモノクロ写真って良いなぁと。
でも光の使い方がさすがだと感じられて、真似などできません。

その後、お隣りの「写真歴史博物館」で懐かしい機材をながめてきました。
何かの迷いがあった時には、なぜか訪れたくなるこの場所。
「フジカシングル8」を眺めて懐かしがったり。

色々と眺めていた時にお会いした、その博物館のスタッフの方との会話に忘れかけていた、いや、避けていた写真への思いを改めて感じさせられました。

写真は記憶・・・
東京で生まれ育った私には、ふるさとの思い出などがありません。
今の写真が、10年後20年後に生きていればそれが良い。

あらためて写真への思いを感じた1日でした。

Follow me!