国立新美術館で開催されている「陰影礼讃」を見て来ました。

もっと写真による作品が多いのかと思っていただけに、そのあたりは残念。
ただ、あの小さいキャンバスに線だけで表現できる世界があったことにはびっくりです。
私の老眼鏡ではそれを見るにはつらかった(笑)

高松次郎さんの「影」はいつもながら感動します。
計算された影、習作を見るともっと驚きですよ。

影だけで女性を表現できたらと思うのですが、モデルさんがねぇ・・・(笑)