矢印の向こう側には、今は無き懐かしい思い出を秘めた公園が・・・

子供の頃、ザリガニ釣りをした池。
思春期の頃を甘酸っぱく過ごした広場・・・
好きな子ができて、手探りの恋をして、青春を過ごしたベンチ・・・

今ではそんな思い出を甦えさせる事もできなくなった場所。

その向こうには、これからも高層ビルが立ち並ぶ街になる・・・

思い出は、作る物ではなく、できるものだと思う・・・